TOMDOG   ~ALOHAワンLIFE ハンディキャップ犬達のトレーニング

TOMDOG   ~ALOHAワンLIFE

ゴールデンレトリバー・コナ姫がパートナーのドッグトレーナー 愛する犬達へのつぶやきブログ

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
仔犬達1 コナ姫4ヶ月  

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

ハンディキャップ犬達のトレーニング 

先日、ドッグダンスの競技会に参加したことを掲載したのですが、、愛犬がカート(車いす)で参加した飼い主さんがいます

私の生徒になってくれているダックスのクッキー君のママ

K9ゲームのチームを作った時に参加してくれた事からお付き合いがスタート

ドッグダンスに関しては

犬にあんなサーカスの見世物みたいな事をさせて、ああいうのは飼い主の自己満足だ

と言われる方も居たりする

それに拍車をかけるがごとく、カートの犬に人前でダンス? ちょっと~どうなのそれ? と思われる方も多いはず

人もそうだけれど、犬もそれぞれにハンディがあり一概にこうだ!とは言えない部分がある

クッキー君の場合は、ドッグダンスの練習をすることで、左右のバランスの差異が少なくなったことと、体が締まってきた・・・ ダイエットに繋がった

クッキー君がドッグダンスをするにあたっては、オビディエンスが不十分なことを除けば、カート犬を動かすことが、結構大変なことを思い知らされた

カートが邪魔をして、足に引っ掛かりギクシャクした動きになってしまう

ハンディーが無い犬と同じやり方では、上手くいかないのよね

出来ることも数えたら少ないけれど、トリックの数が多ければ良い訳でもないから、今後どんな風に進化していくのか? 楽しみで仕方ない私

ハンディキャップ犬に関して言えば、以前に全盲のプードルをトレーニングした事がある

このプードルは生まれた時から目が見えていなくて、生後2~3か月くらいで様子がおかしい???と、繁殖先に戻されたしだい

陽陽12月 020 

名前はヤンヤン

多分、生後4か月くらいからトレーニングを依頼されたのだけれど、忙しい飼い主さんはヤンちゃんにかまう時間がなかったので、ヤンヤンは感情を表現する事を知らないでいる印象が強烈にあった

急に触ると、パニックを起こし

『ギャ~

と断末魔のオタケビをあげる始末 

ご褒美として食べ物を与えても受け付けず、食事としての器にフードが入る音で食べる事に反応している感じ

リードで歩くなど、それこそパニックを起こすこと多々

抱っこしたりして外界の音に慣れさせ、足裏感覚も色んなところを歩かせて慣らし、食べ物に関しては、少しづつ手から食べ物を食べられるんだよ~も教え・・・

一番教えなきゃならなかったのが、鼻を使うこと

音に対する情報が一番の頼りに思えたので、食べ物や様々な玩具、もちろん人間の匂いなども情報源として持っていられるようにした

そんなベースが出来たのは良いのだか、いわゆる、普通に散歩を楽しめるように歩くことや横について歩く、ヒールワーク、座れ、伏せ、などをハンドシグナルを使えない犬(人もだと思う)に教える事ができるのだろうか?

ましてや、遠隔で座らせたり、伏せさせたり、遠隔からの呼び戻しは???

結果は、全てに関して出来たのです

そう、教え方は目が見える犬と同じ

シッカリとトリーツの誘導と声で教えることが可能でした

遠隔からの呼び戻しは、声の方向とわずかな?気配で、確実に正面に戻ってきました

それは、目が見えないが為にヤンちゃんの情報源研ぎ澄まされているから~ですよね

驚いたのは、お預かりトレーニング4か月目には、段差がある場所から庭へ行き、排便を済ませ、もとの部屋へ戻って来れたんです

一緒にいかずとも、何度も庭で排便させているうちに、5感&6感を使い不自由なく歩いているのだから不思議なもんです

途中、強化したのは、音に対して優先順位をつけさせて、気になる音があっても私の言う事を優先にして、あとは気にしないで! のトレーニング

最初から目が見えないケースと中途で全盲になるケースは、人でもかなり差があると思うけれど、犬もそれと同じなのか? 良く分からない

私は、全盲の知り合いがいないので、本当はそんな方に色々聞きたかったのだが、ヤンちゃんを連れてきて・・・

さぁ、これからどうしよう~と、不安に押しつぶされそうな夜中、偶然にTVで全盲の高校生がコメントしていた

目が見えたら良かったなぁ~と思ったことありませんか?

という質問に・・・

私は、逆に目が見えることがどういうことか? よくわからないので、うらやましいと思ったことがないんのです

生まれた時から目が見えないので、特に困ってはいなくて、これが自然な私なんですよね~

そうか・・・ そうか・・・

目が見えないで大変だ~とか可哀そうとか思っているのは、私の考えで、ヤンちゃんは目が見えないことが普通なんだから、ここでの生活の仕方や外での振舞い方をヤンちゃんに分かりやすく教えればいいのだよね~

不安な時は、臭いで音で確認したり・・・ 私の声で安心を伝えられるようになったら、余計な確認はしなくていいからねって教えればいい

どんなパートナーでも、相手の目線になって考えたら答えは見えてくるんだよね~

ヤンちゃんには、もっと教えたいこと・教えてもらいたいことあったけれど、お約束の期間がきてしまい、今でも恋しい生徒の1匹
陽陽12月 008 

もう少し時間があったら、どんな可能性を引き出せたのかしら~

細かい教え方は、その犬のハンディーの程度によるのだけれど、教えればどんな事でも可能なんですね


更新しました ⇒ ドッグトレーニング~なんちゃって日記 

スポンサーサイト

カテゴリ: トレーニング

タグ: 全盲犬  ハンディー犬  プードル  ドッグダンス  トレーニング 

[edit]

Posted on 2012/04/26 Thu. 22:37    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tomdog.blog33.fc2.com/tb.php/56-74127221
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

いくつになったかしら?

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

地球の名言

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

最新トラックバック

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。